【メディア掲載情報】PRESIDENT Online

プレジデントオンラインの取材で「東大生が子どもの頃にゲームとどう付き合って来たか」というテーマで座談会を開催し、藤本准教授もコメント役で参加しました。その記事が公開されましたので、お知らせします。

(前半)「東大に合格できたのはゲームのおかげ」東大生がそう断言するまんざらでもない理由 「親が攻略を手伝ってくれた」
https://president.jp/articles/-/49287
(後半)ゲーム好きの東大生が「これだけはやってはいけない」と言う”あるゲーム” ユーザーを依存させる仕組みがある
https://president.jp/articles/-/49542

個人的な感想ですが、記事内でおすすめされている『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』という名作RPGが未履修なので、プレイしたくなりました。その前に財津特任研究員オススメの『UNDERTALE』『ゼルダの伝説』『ペルソナ』も履修しておかねば…!

ポケモンはユナイトが初めてという超にわかゲーマーの私ですが、藤本研究室に籍を置いて以来、ゲームを通じて得られる喜びを日々噛み締めています。
いや~、ゲームって本当に、いいものですね〜(しみじみ)