Ludix Lab オンライン夏期集中講座「デジタルゲーム研究の領域探索(全3回)」(9/17, 18, 23)【参加者募集】

Ludix Labオンライン夏期集中講座「デジタルゲーム研究の領域探索(全3回)」を開催しますのでお知らせします。

最近のゲーム関連の話題で興味深いテーマを設定して、それぞれの分野で活躍中のゲストをお招きしてトークセッションを行います。デジタルゲームの新たな研究領域を模索したい方や、ゲーム業界の諸側面について学びたい方を対象とした、3回シリーズの集中講座です。

第1回は、「eスポーツ」という言葉がまだ浸透していなかった2000年代初頭から、先駆的に国内外eスポーツ分野で活躍してこられた松井悠氏に、eスポーツ分野の近年の動向についてお話しいただきます。

第2回は、長年国内でフォローされていない海外のゲーム情報を日本に紹介し、多くのレビューでゲームの魅力を掘り起こしてこられた徳岡正肇氏に、海外の盛り上がりに比して日本ではあまり知られていないLive Action RPG(LARP)の系譜や近年の展開についてお話しいただきます。

第3回は、セガ、DeNAでゲームプロデューサーを歴任し、広くゲーム開発人材育成で活躍されている馬場保仁氏に、ゲーム開発を成功させるチームの運営のあり方や伸びる人材の育て方についてお話しいただきます。

Zoomを使ってリモート参加できる環境をお持ちの方は、どなたでも無料でご参加いただけます。3回通しでの参加でも、関心のあるテーマの回のみでも参加できます(3回通しで参加して、所定の課題を提出された方には、LudixLab夏期講座参加証を発行します)。

日程:
第1回:「eスポーツ」
日時:2020年9月17日(木)18:30-20:00
ゲストスピーカー:松井悠氏(グルーブシンク代表取締役)

第2回:「LARP」
日時:2020年9月18日(金)18:30-20:00
ゲストスピーカー:徳岡正肇氏(アトリエサード)

第3回:「ゲーム開発人材育成」
日時:2020年9月23日(水)18:30-20:00
ゲストスピーカー:馬場保仁氏(ファリアー代表取締役)

講師/モデレーター:
藤本 徹(東京大学 大学院情報学環 講師)

開催方法:zoomによるオンライン開催
参加費:無料
主催:Ludix Lab(NPO法人Educe Technologies)&東京大学 大学院情報学環 藤本研究室

参加申込方法:参加ご希望の方は、下記のサイトからお申し込みください。
https://forms.gle/KvNV9uj3cuADJWJz7

ゲストプロフィール:
松井 悠(まつい ゆう)
株式会社グルーブシンク代表取締役。『Red Bull 5G』、『World Cyber Games』、『International E-sports Festival』などの大規模イベントをはじめ、ゲームコミュニティの構築、プロモーション企画、ゲーム開発イベントの運営など、「ゲームを作ること以外はなんでもやる」チーム groovesync gaming を率いる。著書に『デジタルゲームの教科書』、『デジタルゲームの技術』がある。

徳岡正肇(とくおか まさとし)
ゲームジャーナリスト/シナリオライター。ゲーム情報サイト「4Gamer」で海外ゲームのレビュー記事や、国内外のゲームイベントやカンファレンスの情報記事を担当。「コマンドマガジン日本版」でアナログのウォーゲーム関連記事を連載。国内外のゲーム技術カンファレンスで登壇多数。モバイルソーシャル・コンソール・PCインディーゲームなどにシナリオ提供。著書に「ゲームの今」など。

馬場 保仁(ばば やすひと)
株式会社ファリアー代表取締役社長。1997年に株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガ)に入社し、「プロ野球チームをつくろう!」シリーズなど多数のゲームをプロデューサー、ディレクターとして開発。また、株式会社ディ・エヌ・エーでは、モバイルゲームの開発部長・人事として活躍。著書に『ゲームの教科書』(ちくまプリマー新書・共著)、監修に「ゲームクリエイターになるには?」(金の星社) がある。