【メディア掲載情報】東京大学情報学環オープンスタジオWebサイト

藤本研究室は株式会社イオンファンタジーとの共催で“親子でマイクラチャレンジ2022 at 東京大学”というワークショップを10月22日(土)、23日(日)の2日間で開催しました。その報告レポートを東京大学情報学環オープンスタジオのWebサイトに掲載いただきましたので、ぜひご覧ください🏠⚔️💰✨

レポートはこちら▶️https://openstudio-utokyo.com/archive/20221116-1876/

【メディア掲載情報】読売テレビ&KTSライブニュース

藤本准教授の報道番組への取材協力がここ最近2件ありましたのでご紹介します。ぜひご覧ください🌰🍁

・読売テレビ「かんさい情報ネットten.」
エデュテインメントの特集コーナーでコメントが紹介されました。
放送日時:11月3日(木) 15:50-19:00

・KTSライブニュース 11/2(水)18:09~ 特集コーナーでオンラインインタビューに協力しました。
下記動画の記事です。
漁協組合長が教える「eスポーツ」 ゲームを通した学びとは【鹿児島発】|FNNプライムオンライン

私も上記リンクの記事を読みましたが、以下のコメントに完全同意です。

岩元良祐さん:
1人でインターネットサーフやゲームをしても、見つけられる発見は1人分。共同スペースにいると、たくさんの友達から情報や新しい発見が生まれることもある。

1人でポケモンユナイトをプレイしていても上手くなるのには限界がありますが、上手い人にプレイを見ていただいてコーチングいただくと、自分のプレイのどこが悪いのか指摘をいただけたり、表には出てこない情報(仲間にゴールを踏んでもらうとゴール時間が早くなる、など)が発見されて驚いたりした記憶があります。

ポケモンの新作が明日発売されるので、楽しみです🔥💧🌱✨

【Lab News】M2升井さんのチームがピッチイベントで最優秀賞受賞

起業に興味のある全国の学生を対象にした「超起業学校スタートアッププログラム(IESSP)」の成果発表となる最終ピッチイベントが10/1(土)に開催されました。当研究室M2の升井友貴さんが所属するチームが、自己研鑽×ギャンブルという新発想の目標達成アプリ「がんばろっと」をプレゼンし、最優秀賞である超教育賞を受賞しました🙌㊗️🎉✨

詳細は以下の情報学環のWebサイトに掲載いただきましたので、ぜひご覧ください。

文人コース入試説明会 (10/29)&藤本研究室説明会(11/7)のお知らせ

藤本研究室が所属する文化・人間情報学コースの入試説明会が10月29日(土)13時からオンラインで開催されます。学際情報学府に入学して藤本研究室で活動したい方は、どうぞご参加ください。
詳細は以下のサイトに告知されていますので、ご確認ください。
https://www.iii.u-tokyo.ac.jp/event/221029culturalexam

これに合わせて、藤本研究室を希望する方を対象とした説明会を以下の通りオンラインで開催します。

日時:
2022年11月7日(月)17:00-19:00(希望する面談が終了した方から順次解散)

17時00分〜17時30分:藤本研究室の説明、Q&A(全体)
17時30分〜19時00分:(希望者のみ)藤本准教授との個別面談
           (希望者のみ)研究室所属の大学院生やスタッフとの面談

どのような活動をしているか、どのような研究で指導を受けられるかを説明します。
参加希望の方は、事前に下記の参加申込フォームに必要事項を記入してお申し込みください。折り返し、Zoom会議室のURLをメールでお送りします。
https://forms.gle/cgCLjN1iWMjLomvB9

ご参加をお待ちしています。

「親子でマイクラチャレンジ2022 at 東京大学」のご案内

※定員に達したため、受付を終了しました。ありがとうございました。(10/6 20:35追記)

株式会社イオンファンタジーとの共催で、『親子で楽しむマイクラチャレンジ2022 at 東京大学』を開催いたします。同社運営のオンラインスクール「ゲームカレッジLv.99(レベルキュウキュウ)」の講師陣によるリアル参加型ワークショップで、同社と当研究室が行っている共同研究プロジェクト「多様なデジタルゲームの遊びを学びに接続する支援プログラムの開発」の研究成果として、多くのお子さまに大人気の「マインクラフトの教育版」を使用して実施するものです。

<開催概要>
日時:2022年10月22日(土)、23日(日) 各日13時~15時、15時30分~17時30分
(同一内容を計4回開催します)
場所:東京大学情報学環オープンスタジオ(〒113-0033東京都文京区本郷7-3-1東京大学 本郷キャンパス 情報学環本館地下1階)
 ※アクセスはこちら https://openstudio-utokyo.com/access/
内容:マインクラフトを使って講師や仲間たちと遊ぶことで論理的思考力や創造性を育むことができます。ゲームの持っている特性を最大限活かし、子どもたちの持つ能力を引き出すワークショップです。

対象:小学2年生~小学6年生までのお子様とその保護者の方
定員:各回14組、計56組
参加費:無料
参加申込https://forms.gle/12R5CaK29p7Fbq9A9

主催:東京大学 大学院情報学環 藤本徹研究室
共催:株式会社イオンファンタジー
問い合わせ先:株式会社イオンファンタジー ゲームカレッジLv.99 カスタマーサポート
lv99.af80@gmail.com

<ワークショップの特徴>
①デジタルゲームの学び体験
教育版マインクラフトの特徴を活かした学習プログラムを体験できます。東京大学の会場とオンラインの講師を接続して、ゲーム空間での遊びから楽しく学ぶ力を育みます。

②多人数でのマルチプレイ
チーム対抗チャレンジを取り入れたレッスンです。チームメンバーで助け合いながら、オリジナルの建築物などをマイクラワールド内で制作します!

以上、皆様のご参加をお待ちしております。

【メディア掲載情報】note『シリアスボードゲームジャム』に参加してわかったこと

当研究室所属の財津特任研究員が科研費採択課題『創造性を育成するボードゲーム学習プログラム・カリキュラムの開発・評価』の研究のため、くまもと森都心プラザ図書館にて開催された「第4回シリアスボードゲームジャム(SBGJ2022)」に2日間にわたって参加しました。

その様子をnoteにまとめておりますので、ぜひご覧ください🎲🌟
https://note.com/saikorojuku/n/n52919276c2a4

「シリアスボードゲーム」を作る上で気づきを得たことや、「面白い」ゲーム作りに苦労された様子を正直に語ってくださっています。ゲーム作りは、奥が深いのですね…👀💥

個人的には、ゲーム学習論を学ぶ上で良く出る例えである「チョコレートで包まれたブロッコリー」が頻出したのが、嬉しかったポイントです(笑)。

また、同じく当研究室のM1大空さんも参加され、その様子が地元の新聞📰でも紹介されていました。大空さんのご報告も楽しみです!🎆

【制作ゲーム公開】夏休み親子ゲームジャム2022

8月6日(土)、7日(日)の2日間にわたり、夏休み親子ボードゲームジャムが開催されました。
ボードゲームジャムとは、参加者同士で即席のグループを作り、さまざまな経験や背景を持つ人々が協力してテーマに応じたボードゲームを制作するワークショップです。
開催の様子は、学生ファシリテーターとして参加した大空さんの報告記事や、財津特任研究員の執筆したこちらの記事をご覧ください。

この記事では、ワークショップで制作された4つのボードゲームのルールと、ゲームに使用する用具のデータを公開します。
各ゲームは、ご家庭のプリンタなどで印刷いただき自由に遊んでいただくことができます。ぜひ、この夏子どもたちが作ったゲームをご体験ください。

🧹 おそうじパーティ🎉
・ルール

・そうじ道具カード

・部屋カード

🚮ゴミをどうぞ!💁
・ ルール

・ゴミカード

🗑トラッシュクラッシュ💥
・ ルール

・プレイヤーカード

・アクションカード

🍳料理の煌き✨
・ルール

・カード

【参加者募集】夏休み親子ゲームジャム2022@東京大学

※定員に達したため、受付を終了しました。ありがとうございました。(7/2追記)

当研究室所属の財津特任研究員が、小学校3年生〜中学生のお子様とその保護者の方を対象として、夏休み親子ゲームジャム2022を東京大学で開催します。
プロのゲームデザイナーの方々と一緒に、ボードゲームを制作してみませんか?初めての方も大歓迎です。

<開催概要>
☆2日間にわたるワークショップを開催します。
日時:8月6日(土)13:00-17:00、8月7日(日)9:00-18:00
会場:東京大学情報学環オープンスタジオ(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 本郷キャンパス 情報学環本館地下1階)
対象:小学3年生〜中学生と、その保護者
定員:12組 
 ※お申し込みの受付は、先着順となりますので定員になり次第締め切らせていただきます。
参加費:無料

<開催趣旨>
夏休み親子ゲームジャム2022は、親子がペアになって他の親子とチームを作り、テーマに応じたボードゲームを制作するワークショップです。
ボードゲーム制作を通して、子どもたちの日常生活において何かを良くするための新しいアイデアを考える創造性を育てることを目指します。創造性には、歴史的な大発見、社会を変えるような新製品、素晴らしい芸術作品などだけでなく、日常生活において、レシピを工夫してこれまでと違った美味しい料理を作ること、模様替えをして快適な部屋にすること、趣味として新しい素敵な音楽やダンスを作ること、学習のやり方を工夫することなども含まれます。特に後者のものを「日常生活における創造性」(mini-c)と呼びます。『日常生活における創造性』によって作り出されるものは、その本人にとって役に立つ新しいものであればよく、他の人にとって役に立つ新しいものであることもありますが、必ずしも他の人にとって役に立つもの、新しいものである必要はありません。こうした創造性は、その後に続く大きな創造性の端緒であるとされ、子どもたちの未来を拓く大切なものです。
今回のワークショップは、こうした考えに則り、成果物であるゲームの目新しさを問題にするのではなく、そのプロセスで子どもたちにモノゴトの新しい見方や関わり方を発見してもらうことを目的として開催するものです。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

2021年7,8月にもこのワークショップを福岡県福岡市で実施し、大変好評でした。
当研究室の院生の一部も運営として参加します。ふるってご応募ください!

お申し込みはこちら:https://forms.gle/AZ64R8Q9TYuyBP3T6 

【メディア掲載情報】エデュテイメントWebサイト「 あそび!? まなび!? 」

株式会社イオンファンタジーのエデュテイメントWebサイト「 あそび!? まなび!? 」において、今年2月17日の藤本研究室主催のオンラインセミナー「これからの子どもたちの遊びと学び」<第一部:ポケモンと子どもの遊び>の報告記事が2編に分けて公開されましたのでお知らせいたします。
ぜひご覧ください。

🔴ポケモンと子どもの遊び 株式会社ポケモン代表取締役社長 石原恒和氏講演ーポケモンがゲームにおいて大切にしていることー(前編)
https://www.fantasy.co.jp/edutainment/article/seminor_20220218_pokemon01

🟢「Pokémon GO」によって、人類は深宇宙に到達!?  株式会社ポケモン代表取締役社長 石原恒和氏講演ーポケモンがゲームにおいて大切にしていることー(後編)
https://www.fantasy.co.jp/edutainment/article/seminor_20220218_pokemon02

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

さて、ここから雑談です。先日、日本橋のポケモンセンターに遊びに行ってきました。入口からさっそくポケモン達に出迎えてもらいテンションが上がります↑↑

中に入りるんるん気分でグッズを物色していると、マスク越しでも見覚えのあるお顔が。なんと4年前の同僚の先生にお会いしてしまったのでした。当時はお互いポケモンの話をしたことはなく、まさかの再会にびっくりでした。

その先生は、ご自身、奥さん、娘さん用に3台のNintendo Switchと『Pokémon LEGENDS アルセウス』をお持ちで、ご家族揃って楽しくプレイされているそうです。良いご家族ですね^ ^

「ポケモンがゲームにおいて大切にしていることは、人と人がポケモンを通じて繋がる仕組みです。」と、セミナーにおいて石原社長もおっしゃっていましたが、まさにポケモンの不思議なパワーを感じたひとときでした🌱☀️

5月23日開催 研究室説明会の動画公開のお知らせ

2023年度入試に向けて、藤本研究室を希望する方を対象とした説明会を5月23日にオンラインで開催しました。全体に向けた説明と質疑応答部分の動画をYouTubeにアップしましたのでお知らせします。

当研究室への入室を希望される方は、ぜひご覧ください🌼